最近よく聞く仮想通貨。一体どんな仕組み?

ゴールドのように価値が上がっていく仮想通貨

ゴールドの価値が上がっていると聞けば、たいていの人はその理由に納得できるでしょう。ゴールドは貴金属品として人気が高いですし、工業製品などにも用いられているので常に需要が高く、価値が安定しているから、戦争や政変のような国が発行している貨幣の価値が落ちる出来事があると、多くの人がゴールドを買うわけです。
しかし、仮想通貨の価値が上がっていると聞いて、その理由を説明できる人はあまりいないかもしれません。というのは、仮想通貨にはゴールドのような需要はないからです。仮想通貨を手にしても、それだけでできることはありません。誰もが明確な理由は説明できないものの、なぜか多くの人が仮想通貨に魅了されて、こぞって買い求めている状況です。

多くのコンピューターで管理されている

では、人々を魅了している仮想通貨はいったいどのような仕組みで存在しているのでしょうか。仮想通貨は国が発行している貨幣並みに種類が多いですが、基本的にどれも仕組みは同じです。仮想通貨のやりとりがあると、それはネットワーク上にある複数のコンピューターに記録されます。そして、そのデータが本当に正しいかどうかを確認する作業を行うと、お礼として仮想通貨をもらうことができます。そうやって少しずつ、仮想通貨の発行量が増えていき、決められた数が発行されるとそこで発行が停止されるのです。
一つのコンピューター、あるいは会社だけで管理しているものではなく、仮想通貨の持ち主たちが所有しているコンピューターがつながり、全体で管理しているので、特定の国の政情などに左右されることなく、安定して発行されるのが強みといえます。